快適な睡眠環境の作り方

多すぎる寝返りは要注意

寝返りは快適な眠りには不可欠で、大人の場合、平均10~30回の寝返りをうつといわれています。寝返りには寝ているあいだ圧迫された部分のうっ血や痛みを分散し、血液が滞るのを防いで体の負担を軽減します。また、より質の高い睡眠のため睡眠周期の深さが変わるのですが、そのリズム調整をしたり、体や布団のなかの温度や湿度の調節するなどの働きがあります。寝返りは体の歪みを調整するなど働きがありますが歪みがひどい場合や成長期の人は寝返りが増えるようです。しかし、あまりにも寝返りが多い場合は寝ている間に体への負担がかかっており熟睡できていない可能性があります。

ベッドなど寝具を見直すことも大切です。

寝返りが多すぎる場合、ベッドなど寝具を見直すことも大切です。極端に固すぎるなど、体に合わないベッドを長年使っていると、病気の原因となってしまうこともあるため、体の負担を軽くし深く眠れるベッドを使うことが大切です。COZY SPACE(株式会社協和インテリア)では全国数カ所で展示会を行っており深く質の良い睡眠を取っていただけ高品質のベッドを販売しております。ベッドの寝心地は実際に使わないと分かりません。横になってみられて、是非、寝心地をお気軽にお試しください。

おすすめフェア