日本ベッドのブランドヒストリー


日本ベッドは「マットレス」に力を入れてきたベッドメーカーです。
創業は大正15年。
当初メインだった仕事は、日本に登場した豪華な客船や列車の装飾でした。
創業者が英国に渡った際、日本と西洋の睡眠文化の違いを体感し、
いち早く寝具やベッドの製造を始めたのです。

そのころの日本はふとんが主流でした。
ベッドとふとんでは何がどのように違うのか、
ふとんの心地よさをベッドでどう実現するのか。
私たちは日本人が好む寝心地と、
ベッドの快適さの融合にずっと取り組んできたのです。

コイルの並べ方や繋ぎ方を新しくしたり、
コイルそのものに問題意識を持ち品質を見直すなど試行錯誤を重ねました。
日本ベッドだけの技術のため、
専用の設備を導入する「投資」も臆さずに寝心地を追求。

極上の寝心地を実証するものとして、
ホテルへのベッド納入の実績があります。
ベッドはホテルの客室の要。
求められる水準も並大抵のものではありませんでした。
日本に訪れた旅行者に満足していただける寝心地、
安全基準やベッドメイク時の作業効率、コストなども緻密に計算されています。

また、環境問題も日本ベッドの真剣なテーマ。
北海道・紋別の森で育ったナラの間伐材や、
小径木の素朴な表情を活かした「ハイランダー」を作りました。
「森林認証」を受けた森林から採れた木材だけを使用し、
自然の恵みをめぐらせる社会づくりを目指しています。

営業担当や開発チーム、技術者。
日本ベッドのマットレスにはみんなの「本気」が詰まっています。


日本ベッドのブランドヒストリー


日本ベッドは「マットレス」に力を入れてきたベッドメーカーです。
創業は大正15年。
当初メインだった仕事は、日本に登場した豪華な客船や列車の装飾でした。
創業者が英国に渡った際、日本と西洋の睡眠文化の違いを体感し、
いち早く寝具やベッドの製造を始めたのです。

そのころの日本はふとんが主流でした。
ベッドとふとんでは何がどのように違うのか、
ふとんの心地よさをベッドでどう実現するのか。
私たちは日本人が好む寝心地と、
ベッドの快適さの融合にずっと取り組んできたのです。

コイルの並べ方や繋ぎ方を新しくしたり、
コイルそのものに問題意識を持ち品質を見直すなど試行錯誤を重ねました。
日本ベッドだけの技術のため、
専用の設備を導入する「投資」も臆さずに寝心地を追求。

極上の寝心地を実証するものとして、
ホテルへのベッド納入の実績があります。
ベッドはホテルの客室の要。
求められる水準も並大抵のものではありませんでした。
日本に訪れた旅行者に満足していただける寝心地、
安全基準やベッドメイク時の作業効率、コストなども緻密に計算されています。

また、環境問題も日本ベッドの真剣なテーマ。
北海道・紋別の森で育ったナラの間伐材や、
小径木の素朴な表情を活かした「ハイランダー」を作りました。
「森林認証」を受けた森林から採れた木材だけを使用し、
自然の恵みをめぐらせる社会づくりを目指しています。

営業担当や開発チーム、技術者。
日本ベッドのマットレスにはみんなの「本気」が詰まっています。


日本ベッドのブランドヒストリー


日本ベッドは「マットレス」に力を入れてきたベッドメーカーです。
創業は大正15年。
当初メインだった仕事は、日本に登場した豪華な客船や列車の装飾でした。
創業者が英国に渡った際、日本と西洋の睡眠文化の違いを体感し、
いち早く寝具やベッドの製造を始めたのです。

そのころの日本はふとんが主流でした。
ベッドとふとんでは何がどのように違うのか、
ふとんの心地よさをベッドでどう実現するのか。
私たちは日本人が好む寝心地と、
ベッドの快適さの融合にずっと取り組んできたのです。

コイルの並べ方や繋ぎ方を新しくしたり、
コイルそのものに問題意識を持ち品質を見直すなど試行錯誤を重ねました。
日本ベッドだけの技術のため、
専用の設備を導入する「投資」も臆さずに寝心地を追求。

極上の寝心地を実証するものとして、
ホテルへのベッド納入の実績があります。
ベッドはホテルの客室の要。
求められる水準も並大抵のものではありませんでした。
日本に訪れた旅行者に満足していただける寝心地、
安全基準やベッドメイク時の作業効率、コストなども緻密に計算されています。

また、環境問題も日本ベッドの真剣なテーマ。
北海道・紋別の森で育ったナラの間伐材や、
小径木の素朴な表情を活かした「ハイランダー」を作りました。
「森林認証」を受けた森林から採れた木材だけを使用し、
自然の恵みをめぐらせる社会づくりを目指しています。

営業担当や開発チーム、技術者。
日本ベッドのマットレスにはみんなの「本気」が詰まっています。