シーリ―ベッドのマットレス


 天使に抱かれるような寝心地

シェラトンホテルの『シェラトン・スイート・スリーパーベッド』とえいば、
「天使に抱かれるような眠り」と評され、誰もが一度は眠ってみたい憧れのベッド。
その究極の寝心地の秘密は、厚さ約30cmのマットレスにあります。
それは、米国最大手のベッドメーカー、シーリー社が、
シェラトンのために作った特別なマットレス。
シェラトンのみならず、世界30か国以上の一流ホテルで愛されている理由とは
いったい何でしょうか?

 シーリーマットレスは医科学の傑作

シーリー社のマットレスといえば、なんといっても独特の「ポスチャーテックコイル」です。
一般のマットレスに使われるのは、「ボンネルコイル」や「ポケットコイル」ですが、
まったく異なるコイルです。
ボンネルコイルは体を「面」で支え、
ポケットコイルは「点」で支えるイメージです。

ボンネルコイルのほうが硬めで、ポケットコイルの方は柔らかめといわれます。
「ポスチャーテックコイル」は、点や面というより、体の凹凸や体の荷重によって
コイル自体の反発力が変化します。
荷重がかからない部分はそのままに、荷重が加わるにつれて反発力が増大します。
一人ひとりの異なる体の圧力を感知し、
各部位に最適な各部位に最適な反発力を生み出すことで、
体型や体重差に関わらず理想の寝る姿勢を導くのです。

また、シーリー社のマットレスは、大学や医療機関で活躍する整形外科医、研究者、
臨床医らによる整形外科諮問委員会の協力よって研究開発されています。
眠っている体とマットレスの関係を医科学的に研究しているのです。

寝返りを低減するためのシステム「プレッシャーリリーフ」を開発したのもそのひとつ。
そもそも寝返りをうつのは、体とマットレスとの接点の一部に、
圧力がかかり血流の妨げが起きるからです。

つまり、寝返りが多い程、不快感が多く快眠ではないということ。
体は部位によってマットにかかる荷重、圧力が変わります。
そこでマットレスは、体の部位別にゾーンを区切って、それぞれに最適な素材を施すことで、
圧力を緩和し寝返りが少なくなります。
これが「プレッシャーリリーフ」のシステムなのです。

このようにシーリーベッドのマットレスは、
医科学に基づき、最高の眠りを追及した結果、
世界基準の眠りと称賛された傑作なのです。


シーリ―ベッドの歴史


 天使に抱かれるような寝心地

シェラトンホテルの『シェラトン・スイート・スリーパーベッド』とえいば、
「天使に抱かれるような眠り」と評され、誰もが一度は眠ってみたい憧れのベッド。
その究極の寝心地の秘密は、厚さ約30cmのマットレスにあります。
それは、米国最大手のベッドメーカー、シーリー社が、
シェラトンのために作った特別なマットレス。
シェラトンのみならず、世界30か国以上の一流ホテルで愛されている理由とは
いったい何でしょうか?

 シーリーマットレスは医科学の傑作

シーリー社のマットレスといえば、なんといっても独特の「ポスチャーテックコイル」です。
一般のマットレスに使われるのは、「ボンネルコイル」や「ポケットコイル」ですが、
まったく異なるコイルです。
ボンネルコイルは体を「面」で支え、
ポケットコイルは「点」で支えるイメージです。

ボンネルコイルのほうが硬めで、ポケットコイルの方は柔らかめといわれます。
「ポスチャーテックコイル」は、点や面というより、体の凹凸や体の荷重によって
コイル自体の反発力が変化します。
荷重がかからない部分はそのままに、荷重が加わるにつれて反発力が増大します。
一人ひとりの異なる体の圧力を感知し、
各部位に最適な各部位に最適な反発力を生み出すことで、
体型や体重差に関わらず理想の寝る姿勢を導くのです。

また、シーリー社のマットレスは、大学や医療機関で活躍する整形外科医、研究者、
臨床医らによる整形外科諮問委員会の協力よって研究開発されています。
眠っている体とマットレスの関係を医科学的に研究しているのです。

寝返りを低減するためのシステム「プレッシャーリリーフ」を開発したのもそのひとつ。
そもそも寝返りをうつのは、体とマットレスとの接点の一部に、
圧力がかかり血流の妨げが起きるからです。

つまり、寝返りが多い程、不快感が多く快眠ではないということ。
体は部位によってマットにかかる荷重、圧力が変わります。
そこでマットレスは、体の部位別にゾーンを区切って、それぞれに最適な素材を施すことで、
圧力を緩和し寝返りが少なくなります。
これが「プレッシャーリリーフ」のシステムなのです。

このようにシーリーベッドのマットレスは、
医科学に基づき、最高の眠りを追及した結果、
世界基準の眠りと称賛された傑作なのです。


シーリ―ベッドの歴史


 天使に抱かれるような寝心地

シェラトンホテルの『シェラトン・スイート・スリーパーベッド』とえいば、
「天使に抱かれるような眠り」と評され、誰もが一度は眠ってみたい憧れのベッド。
その究極の寝心地の秘密は、厚さ約30cmのマットレスにあります。
それは、米国最大手のベッドメーカー、シーリー社が、
シェラトンのために作った特別なマットレス。
シェラトンのみならず、世界30か国以上の一流ホテルで愛されている理由とは
いったい何でしょうか?

 シーリーマットレスは医科学の傑作

シーリー社のマットレスといえば、なんといっても独特の「ポスチャーテックコイル」です。
一般のマットレスに使われるのは、「ボンネルコイル」や「ポケットコイル」ですが、
まったく異なるコイルです。
ボンネルコイルは体を「面」で支え、
ポケットコイルは「点」で支えるイメージです。

ボンネルコイルのほうが硬めで、ポケットコイルの方は柔らかめといわれます。
「ポスチャーテックコイル」は、点や面というより、体の凹凸や体の荷重によって
コイル自体の反発力が変化します。
荷重がかからない部分はそのままに、荷重が加わるにつれて反発力が増大します。
一人ひとりの異なる体の圧力を感知し、
各部位に最適な各部位に最適な反発力を生み出すことで、
体型や体重差に関わらず理想の寝る姿勢を導くのです。

また、シーリー社のマットレスは、大学や医療機関で活躍する整形外科医、研究者、
臨床医らによる整形外科諮問委員会の協力よって研究開発されています。
眠っている体とマットレスの関係を医科学的に研究しているのです。

寝返りを低減するためのシステム「プレッシャーリリーフ」を開発したのもそのひとつ。
そもそも寝返りをうつのは、体とマットレスとの接点の一部に、
圧力がかかり血流の妨げが起きるからです。

つまり、寝返りが多い程、不快感が多く快眠ではないということ。
体は部位によってマットにかかる荷重、圧力が変わります。
そこでマットレスは、体の部位別にゾーンを区切って、それぞれに最適な素材を施すことで、
圧力を緩和し寝返りが少なくなります。
これが「プレッシャーリリーフ」のシステムなのです。

このようにシーリーベッドのマットレスは、
医科学に基づき、最高の眠りを追及した結果、
世界基準の眠りと称賛された傑作なのです。