シーリ―ベッドの歴史


 快眠を追及しつづけてきた歴史

シェラトンホテルやコンラッド東京、フォーシーズンズホテル丸の内 東京や
ラディソン都ホテルなどの外資系ハイクォリティホテル。
それぞれの趣は異なりますが、ベッドはみなシーリー社です。
くつろぎを最優先させる世界30か国以上の一流ホテルが、
シーリー社のベッドを選ぶ理由は、その永い歴史にあります。

 快眠テクノロジーを駆使する

シーリー社は、約130年前の、1881年、アメリカ・テキサス州シーリータウンで創業しました。
快適な眠りをコツコツと研究し続けます。
そしてシーリー社が世界的に注目されるようになるのは、1989年。
マットレスの反発力が荷重によって変化する独自のコイル
『ポスチャーテックコイル』の開発、商品化に成功するのです。
2006年には、業界に先駆けて整形外科医ら7名の研究開発機関
「整形外科諮問委員会」を設立します。

そしてポスチャーコイルを進化させた「デュアル・サポート・システム(D.S.S.)」や、
体の部位に合わせて素材を配し寝返りを低減させる「プレッシャーリリーフ・システム」、
さらにその技術をベースに、
耐久性を高めながらソフト感もアップさせた「タイタニウムコイル」、
背中や腰の部分のサポート力を強化した新技術「センターサポート」なども新開発。
次々に新技術を開発していくのです。
こうした長年のたゆまぬ研究の成果が、「世界基準の眠り」として評価され、
現在、30年間連続「全米シェア№1」に輝いているのです。
そしてシーリーの快眠テクノロジーは、いまも進化しつづけています。


シーリ―ベッドの歴史


 快眠を追及しつづけてきた歴史

シェラトンホテルやコンラッド東京、フォーシーズンズホテル丸の内 東京や
ラディソン都ホテルなどの外資系ハイクォリティホテル。
それぞれの趣は異なりますが、ベッドはみなシーリー社です。
くつろぎを最優先させる世界30か国以上の一流ホテルが、
シーリー社のベッドを選ぶ理由は、その永い歴史にあります。

 快眠テクノロジーを駆使する

シーリー社は、約130年前の、1881年、アメリカ・テキサス州シーリータウンで創業しました。
快適な眠りをコツコツと研究し続けます。
そしてシーリー社が世界的に注目されるようになるのは、1989年。
マットレスの反発力が荷重によって変化する独自のコイル
『ポスチャーテックコイル』の開発、商品化に成功するのです。
2006年には、業界に先駆けて整形外科医ら7名の研究開発機関
「整形外科諮問委員会」を設立します。

そしてポスチャーコイルを進化させた「デュアル・サポート・システム(D.S.S.)」や、
体の部位に合わせて素材を配し寝返りを低減させる「プレッシャーリリーフ・システム」、
さらにその技術をベースに、
耐久性を高めながらソフト感もアップさせた「タイタニウムコイル」、
背中や腰の部分のサポート力を強化した新技術「センターサポート」なども新開発。
次々に新技術を開発していくのです。
こうした長年のたゆまぬ研究の成果が、「世界基準の眠り」として評価され、
現在、30年間連続「全米シェア№1」に輝いているのです。
そしてシーリーの快眠テクノロジーは、いまも進化しつづけています。


シーリ―ベッドの歴史


 快眠を追及しつづけてきた歴史

シェラトンホテルやコンラッド東京、フォーシーズンズホテル丸の内 東京や
ラディソン都ホテルなどの外資系ハイクォリティホテル。
それぞれの趣は異なりますが、ベッドはみなシーリー社です。
くつろぎを最優先させる世界30か国以上の一流ホテルが、
シーリー社のベッドを選ぶ理由は、その永い歴史にあります。

 快眠テクノロジーを駆使する

シーリー社は、約130年前の、1881年、アメリカ・テキサス州シーリータウンで創業しました。
快適な眠りをコツコツと研究し続けます。
そしてシーリー社が世界的に注目されるようになるのは、1989年。
マットレスの反発力が荷重によって変化する独自のコイル
『ポスチャーテックコイル』の開発、商品化に成功するのです。
2006年には、業界に先駆けて整形外科医ら7名の研究開発機関
「整形外科諮問委員会」を設立します。

そしてポスチャーコイルを進化させた「デュアル・サポート・システム(D.S.S.)」や、
体の部位に合わせて素材を配し寝返りを低減させる「プレッシャーリリーフ・システム」、
さらにその技術をベースに、
耐久性を高めながらソフト感もアップさせた「タイタニウムコイル」、
背中や腰の部分のサポート力を強化した新技術「センターサポート」なども新開発。
次々に新技術を開発していくのです。
こうした長年のたゆまぬ研究の成果が、「世界基準の眠り」として評価され、
現在、30年間連続「全米シェア№1」に輝いているのです。
そしてシーリーの快眠テクノロジーは、いまも進化しつづけています。